【タイ情報】外国人観光客皆無、地元民溢れるローカルな「クワンリアム水上マーケット」に行ってきた。

バンコク滞在最終日、「水上マーケットに行こう!」と言われ、いったいどんな素晴らしい水上マーケットに連れて行ってもらえるのかワクワクしていたのですが、想像していたガイドに載ってるようなのとは全然違ました。

地元民溢れるローカルな水上マーケット、クワンリアム水上マーケット(Kwan Riam Floating Market/ตลาดน้ำขวัญเรียม)を紹介します。

見渡す限り、外国人観光客は皆無です。

日本からはるばる観光できて、初めて水上マーケットに行く際は、絶対ここはおすすめしません。

水上マーケットを一周全部周ったのちに、タイ語もできるようになって!?(そこまで言わないけど)ここに来る、くらいの方が良いと思います。

それでは、どんな水上マーケットだったのか、ちょっとだけ紹介します。

 

クワンリアム水上マーケット(Kwan Riam Floating Market/ตลาดน้ำขวัญเรียม)

クワンリアム水上マーケット(Kwan Riam Floating Market/ตลาดน้ำขวัญเรียม)

クワンリアム水上マーケット(Kwan Riam Floating Market/ตลาดน้ำขวัญเรียม)

Map

今回宿泊していた、バンコク インター プレイス ホテルから、タクシーで行きました。(20分弱)

アクセス方法としては、バスかタクシーか、そんなところ。

バス停からは少し歩くことになります。

営業時間

土・日・祝の6:00〜18:00

ボートクルーズは、9:30〜16:00の間、20分〜30分おきに1本

※入場料無料

 

アクセスや営業時間等詳しい情報は、こちら(クワンリアム水上マーケット。バンコクリピーターにおすすめしたいローカル市場の観光。)で詳しく紹介されています。

 

マーケットの様子

水上マーケットの入り口

水上マーケットの入り口は、向こうの木の茂みの奥です。

屋台の屋根が見えるあたり、そこを歩いて進んでいくと、

クワンリアム水上マーケット

クワンリアム水上マーケット

クワンリアム水上マーケット

クワンリアム水上マーケット

出てきました。

しかし、全然水上マーケットらしさがないです。

ぼちぼち歩いて行くと、動物がちらほらいました。

 

動物がたくさんいる

大きなカメ

ヤギ?

すごい大きなカメや、暑さでバテてるヤギ!?とか。

ヤギ

ヤギ

色んな所に小さな動物園みたいな囲いがあって、いろんな動物がいます。

このヤギ!?羊!?

日本とは違ってなんかすごく綺麗でかわいかったです。

ポニー

 

ポニー

ポニーとかもいました。

乗馬もできるようです。(※おそらく子供限定)

太り過ぎた犬

通路に大きな何かが見えると思い、近づくと、犬でした。

しかし、以上に太っている。

暑くて夏バテ中だったかな・・・。そろーと通り越しました。

他には鳥もいましたね。

 

これがクワンリアム水上マーケットだ!!

クワンリアム水上マーケット

クワンリアム水上マーケット

クワンリアム水上マーケット

クワンリアム水上マーケット

クワンリアム水上マーケット

クワンリアム水上マーケット

やっと!水上マーケットらしい風景が見えてきました。

でも、ガイドに載ってるようなのとは全然違います。

ボートが少ないから?

ボートは1人40バーツで乗れます。

が、実は乗りませんでした・・・。なので、レビューはできませんが、また次回機会があれば次は40バーツでボートに乗ってみようと思います。

※ボートに乗ると、また一味違う雰囲気を味わえるようです。

川を挟んで、屋台がたくさんあります。

室内、屋外、室内は2階もあり、椅子やテーブルもたくさんありました。

暑かったので、みんな涼んでいるかんじ、ずーっと市場が並んでいて、食べ物は色々ありました。

結局、ココナッツジュースを飲んで、涼んでおりました。

観光でワイワイ行く!というよりは、地元の人たちが休日にのんびりしに来る憩いの場、的な場所かなぁという雰囲気です。

動物や植物はたくさんで、割と静かなので、のんびりできます。

クワンリアム水上マーケット

クワンリアム水上マーケット

この水上マーケットのことかよくわかりませんが、都市伝説のようなものがあって、男女の・・・・国民誰もが知っている?らしい。

あまり詳しく聞いてないのですが、そういうのがあるそうです。

今回は、約2時間くらいの滞在でざっと周っただけなので、いまいちおすすめ情報とかレビューは出来ないんですが、またじっくりと来てみたいなぁと思います。

きっとまだ知らないローカル感があるはずなので。

そうそう、動物とかがたくさんいるので子どもとか喜ぶと思います。

最後に、ここで撮影した一部の動画をツイッターで紹介したのでご覧ください。


それでは!

次こそ、ガイドに載ってるようなおぉ~って言う水上マーケットに行きたいところです。